WordPress (ワードプレス) 保守管理サービス

安心してWordPressサイトを運用できる月額定額の保守管理ソリューション

WordPress (ワードプレス) 保守管理サービスは、WordPressサイトごとに、バックアップ・監視体制とオンラインネットワークで結び、24時間365日監視と保守運用の自働化を行い、障害発生時は復旧対応を行うサービスです。

WordPress 保守管理サービスは、

  • WordPress に詳しくない、社内で運用保守に対応できない。
  • WordPress を保守管理する担当者がいない。WordPress の面倒がみれない。
  • 一度 WordPress の障害や改ざん被害に遭ってしまって対策をしたい。
  • WordPress のセキュリティ面が心配だ、障害に強い運用をしていきたい。
  • WordPress サイトが障害で表示されなくなると、ビジネスに支障が出て夜も眠れないほど不安だ。
  • 個人の努力に依存し属人的な WordPress サイト運用から脱却していきたい。
  • ホームページ制作会社がホームページ制作だけで WordPress サイトの保守運用を受けてくれなかった。
  • 知り合い・友人に作ってもらった WordPress サイトをどうやって運用したらいいか初心者の私は全然分からない。
  • WordPress 保守運用費用を均一化し予算化・平準化を図ってビジネスの機会損失を最小限にしたい。

と考えている WordPress で運営するホームページにお役に立てるサービスです。

WordPress 保守管理サービスの 7 つの特長

  1. WordPress サイトを安全に安定的に運用できる
  2. 日常の WordPress 保守運用を完全自働化
  3. WordPress の本体、テーマ、プラグインのバージョンアップで安全に保つ
  4. WordPress データを定期遠隔バックアップ
  5. WordPress の24時間365日セキュリティ監視、死活監視で事前予防
  6. もしもの時、緊急復旧・障害時対応で思わぬ費用発生リスクを共済型で回避
  7. チャットツールでお問い合わせ24時間以内に回答、すべての作業報告を一元集約

WordPress サイトを安全に安定的に運用できる

コンテンツマネジメントシステム「WordPress」 は、簡単にインストールができ、すぐにホームページやブログを立ち上げることができるので便利です。

現在の中小企業のホームページ事情は、ホームページを簡単に立ち上げることができるため、WordPress でホームページを制作することを採用することが多くなりました。

反面、WordPress が多くの方に使われるシステムになるにつれ、システムの弱いところを突いて不正ログインやファイルの改ざんという攻撃が増えています。

実に全世界のウェブサイトの3分の1が WordPress で作られています。それにともないセキュリティ面を配慮した WordPress サイトの運営が重要になります。

中小企業のホームページの現状は、ホームページを作ったままほったらかし。保守や運用を全く考慮していなかったり、WordPress のアップデートを放置して最新バージョンに保っていなかったり、もしもの時の対策もやっていないなど多く散見します。

WordPress の欠陥を放っておくと、悪意のある第三者に攻撃されます。ホームページの改ざん被害など気付くものもありますが。保守管理を怠っていると、ファイルの改ざんやマルウェアの設置など知らぬ間に攻撃されていること自体にも気付きません。その WordPress サイトを運営しているサーバが踏み台にされて知らぬ間に攻撃者になっていることもあります。サーバ会社からの連絡で初めて事態を知ることも多いかと思います。

多くは、IT に詳しくない。システム部門・担当者がそもそもない。システム運用はどうやればいいのか分からない。ホームページ制作のことだけで保守運営のことは全く考えてこなかった。ということを聞きます。

WordPress 保守管理サービスは、そのような状況を考慮して、WordPressの適切な運用管理のもと、安心して WordPress サイトを運用できるサービスとして生まれました。

日常のWordPress保守運用を完全自働化

WordPress 保守管理サービスでは、WordPressシステムの更新やバックアップ、セキュリティ、ウェブサイトの監視など日常稼働する WordPress 保守運用業務の自働化を前提にしています。

他の多くの WordPress の保守を提供しているサービスは、WordPress更新など手動で行っているところが大半です。もちろん保守の手動の良さも、事前に検証をしたり、保守業務を柔軟性にできたり、があります。

自働化を前提にする良さは、自動化するところと緊急時など人的に手動で対応するところを分けてそれぞれのいいところを取りながら保守業務を日常的に確実に行えることです。実際の保守業務では、運営の方針によって一部手動で行っていたり柔軟に対応している部分もありますが、自働化の恩恵を最大限に受けつつ、安全で安定的なWordPressサイトの運営をしています。WordPress 保守管理サービスでは、その体制を構築しています。

導入するお客様にとっても技術者の確保や専門スキル不足の解消、保守運用費用の平準化、リスクコントロールなど WordPress サイト運営の改善を支援してお客様が付加価値業務に集中できる環境が整っていきます。

ウェブサイト運営の付加価値業務は、顧客との接点やコミュニケーションを増やす仕事に集中することです。また新しい価値を創り出す開発業務に従事することです。反面、保守業務は、成果や利益が見えにくい業務でもあります。 しかし WordPress サイトを定常的に維持しながら運営するにあたって保守は必要不可欠です。

WordPress 保守管理サービスは、予知保全・予防保全の見地からビジネスの機会損失を最小限にするために、保守管理業務の自働化でエンジニア常駐を無くしつつ、それぞれの業務の組み合わせから生じてくる相乗効果を最大限見込める一段階次元を上げた WordPress 保守管理サービスを実現しています。

WordPress の本体、テーマ、プラグインのバージョンアップで安全に保つ

WordPress 保守管理サービスでは、常に WordPress の本体、テーマ、プラグインをバージョンアップして安全に保っていきます。不具合の修正やセキュリティに関する重要な更新が含まれるセキュリティアップデートも実施。

プログラムには、必ず不具合や設計ミスが原因で発生したセキュリティ上の欠陥があります。常に WordPress の本体、テーマ、プラグインを安全なバージョンにしてアップデート漏れをなくし、WordPress システムの脆弱性(セキュリティホール)を少なくしていきます。

WordPress データを定期遠隔バックアップ

定期的にデータのバックアップを取ることで、万が一改ざんにあった場合でも元の状態に戻すことを可能にします。バックアップがあるだけで、データの消失や改ざんでホームページがなくなってしまう事態を避けられます。

WordPress 保守管理サービスでは、定期的に WordPress データをバックアップします。 保管先には、WordPress が稼働しているサーバに影響を受けない、セキュリティを施した遠隔サーバにバックアップデータを保存 (オフサイトバックアップ) してデータの消失や改ざんリスクに備えた体制を整えています。

また、データの消失や改ざんは外部からのサイバー攻撃だけではありません。サーバやプログラムの不具合でも起こりうることです。ハードディスクの故障など物理的な障害からでも起こります。また WordPress は、気軽に誰でも管理画面でホームページが更新できるため、人為的にも起こりうることがあります。

人為的なミス (ヒューマンエラー) に対してもしっかりバックアップできる体制を整えています。

WordPress のセキュリティ監視、死活監視で事前予防

ホームページがサイバー攻撃されたり、アクセスが集中するとシステムの負荷がかかり、ホームページが見れなくなった。これはビジネスをしていく上で機会損失です。

サイバー攻撃や突発的なアクセス集中に対しては、事後的に対応より、事前の対策の方が重要です。

いかにサイバー攻撃されないシステムにするのか。 アクセスが集中してもシステムの負荷をどうやって最小限にするか。 全体の損失をどのように極小化するのか。 WordPressサイトを運用する肝です。

WordPress 保守管理サービスでは、セキュリティ系プラグインを導入して WordPress のセキュリティレベルを高めた運営をします。コンテンツの改ざん被害、マルウェア感染の被害リスクを少なくして無効化していきます。

また、WordPress サイトが動作しているかどうか死活監視を24時間365日外部遠隔でおこないます。もし動作していない場合、変化を見逃さずすぐに検知して、初動対応しています。原因を早期に発見して WordPress の復旧作業がおこなえます。

もしもの時、緊急復旧・障害時対応で思わぬ費用発生リスクを共済型で回避

WordPress サイトに不具合が発生した場合、原因を調査して特定します。 問題を切り分けた上で障害の解決策をご提案します。 障害の一次対応として緊急復旧作業をおこないます。

万が一障害が発生すると、原因の特定やコンテンツ改ざん被害の復旧、マルウェア感染の調査・駆除作業などWordPressサイトの復旧作業に思わぬ費用が掛かってしまいます。WordPress保守管理サービスは、万全なWordPress運用管理体制の下、共済型保険方式のように費用をカバーできるため、復旧費用の支払リスクの回避ができます。また復旧を暫定対応を行った場合、再発防止のため恒久対応のご提案も行っています。何かあった時に迅速な対応が継続して行える環境を整えています。

チャットツールでお問い合わせ24時間以内に回答、すべての作業報告を一元集約

WordPress 保守管理サービスは、サービスを開始すると、お客様専用グループチャットを用意しています。

グループチャットでお問い合わせに迅速対応しています。チャットからのお問い合わせには24時間以内 (営業時間内) に回答を心がけています。

またセキュリティやサポートの面で不安を持っている方には、相談も受け付けています。相談内容は、WordPress に関することやサーバの引っ越し (移転・移行)のご相談、システムの保守管理のご相談を受け付けています。

この WordPress プラグインを使いたいのだけれども、大丈夫?。どこのサーバがお薦めですか?というものもなんでもOK。

具体的な作業をした後は、作業報告をすべてチャットに投稿しています。担当者はチャットを見るだけで今の状況や今後の作業予定などチェックできます。

WordPress 保守管理サービスは、お問い合わせ内容や相談、障害報告、作業予定、作業完了報告すべてお客様専用グループチャットに一元集約してすべての履歴が残るようにしています。

情報共有のツールとしてチャットツールを最大限活用しています。

WordPress 保守管理サービスを導入する 3 つのメリット

お客様にとって WordPress 保守管理サービスを導入するメリットが 3 つあります。

  • WordPress サイトを安全に安定的に運用できる環境が整っていく
  • WordPress 保守運用費用を均一化し予算化・平準化が図れる
  • WordPress サイトの障害発生リスクを減らし、ネット上での顧客接点の喪失やデジタル事業でのビジネスの機会損失を最小限にする

WordPress 保守管理サービスは、WordPress システムの安全性を保ち、セキュリティや安定性など運営上のリスクを下げつつ、毎年の WordPress 保守運用費用を均一化し予算化・平準化のお手伝いをしています。専任のシステム管理者やエンジニアなど人材確保が困難な社内の限られたリソースで保守管理体制を構築することができない中、WordPress 保守運用をお任せいただけることで自働化を図りつつ間接業務を削減して、優先度が高い顧客対応や情報発信など付加価値業務に集中できます。

仮に保守管理を代わって任せていただけるとしたら、WordPressサイトの保守運用担当として、日常的なバックアップとWordPressのアップデートの実施、死活監視やセキュリティ対策を整備して運用することを私達が担います。そうすることでお客様は、コンテンツ作りや情報発信などホームページの運営に集中していただける環境をつくることができます。

インターネット上でサ—ビスを提供するビジネスがますます盛んになってきています。
デジタル事業を推進するお客様には、コンテンツ作りや情報発信など
顧客とのコミュニケーションに集中して、商売がいい方向に進んでいって欲しいと思います。
WordPress 保守管理サービスがその一役を買えれば幸いです。

WordPress 保守運用管理サービスの内容

WordPress 本体アップデート

WordPress を常に安全なバージョンにして安定稼働をおこないます。

年数回ある WordPress 本体のバージョンアップに対応してアップデートの対応をします。また臨時に行うセキュリティアップデートにも対応して更新も随時行います。

WordPress テーマ・プラグイン・翻訳アップデート

WordPress テーマやプラグイン、翻訳は、常に改良修正を重ねています。そのバージョンアップに対応して WordPress テーマやプラグイン、翻訳もアップデートの対応をします。

WordPress データバックアップ (リモートデータバックアップ)

定期的に WordPress ファイルとデータベースのデータのバックアップを行います。 バックアップは、外部のセキュリティを施したサーバに遠隔保存します (オフサイトバックアップ)。バックアップを定期的に取得して複数世代の管理の下、データをリストアして復旧できる体制を整えます。バックアップは、30世代まで保持し、保守方針によって毎日、1週間毎、1ヶ月毎と柔軟にスケジュールが組めます。

WordPress のセキュリティ監視

セキュリティ系プラグインを導入して WordPress のセキュリティレベルを高めたホームページの運営をします。コンテンツの改ざん被害、マルウェア感染の被害リスクを少なくして無効化していきます。

WordPress のセキュリティをチェックして、WordPress やサーバーの設定の見直しをおこないます。外部からの攻撃・侵入をタイムリーに把握し、被害の防止対応をします。攻撃時に発生するシステムの高負荷対策を施します。

WordPress の死活監視

WordPress サイトが稼働しているか、ページが表示されているか、常時24時間365日、休みなく5分おきに監視します。ウェブサイトの稼働状況をお知らせするステータスページを用意しています。

検証環境の構築・動作検証

検証環境を整えた体制を備えています。

独自開発した WordPress 開発環境ツールで現在運営中の本番環境と同等な環境を構築できます。 WordPressサイトもバックアップデータから再現して本番環境そのままの形であらゆるサーバ環境に基づいた検証環境がつくれます。

WordPressの不具合や障害の原因調査を行っております。 プラグインを導入する場合の検証調査をしたり、導入サポートやトラブルシューティングとしてアドバイスをさせていただいています。

WordPress 不具合の原因調査

WordPress サイトに不具合が発生した場合、原因を調査して特定します。問題を切り分けた上で障害の解決策をご提案します。

VPS・クラウドサーバプランでは、サーバ・インフラから WordPress まですべてのレイヤーの不具合に対応します。

緊急復旧・障害時対応 (インシデント対応)

もしも障害が発生した場合、監視ツールからウェブサイトが見れないなど障害通知を受け取り次第、 障害発生を確認の上、一次対応として緊急復旧作業を行っております。被害の拡大防止措置やインシデント対応は、24時間365日対応です。共済型保険方式のように費用をカバーできるため、復旧作業に思わぬ費用が発生しません。

1ヵ年定期点検

1年間運営してきた WordPress サイトの運用状況を踏まえて1年ごとに総点検します。設定の見直し、ログの整理、マルウェアスキャン調査、バックアップデータからのサイト復元確認など運営の改善を行います。

作業報告

対応した作業をチャットで随時報告します。 また今後の作業予定、今後起こりうる可能性のある障害を指摘して、改善策のご提案も行います。

お問い合わせ24時間以内対応

お客様専用グループチャットでお問い合わせに迅速対応しています。チャットからのお問い合わせには24時間以内 (営業時間内) に回答します。

チャット相談

WordPress に関するシステム上の課題やサーバの乗り換え (移転・移行)、システムの保守管理のご相談を受け付けています。

サーバ運用管理・保守

ご要望があれば、サーバの運用管理・保守を任せていただけます。

VPS・クラウドサーバプランでは、サーバの運用管理・保守をWordPress サイトが稼働するサーバ含めインフラ全般をサポートします。OSやミドルウェア領域まで踏み込んだサポートを行います。

サーバの死活監視、サーバリソースの最適化からウェブサーバやデータベースサーバなどミドルウエアのマイナーバージョンの更新にも対応できます。

レンタルサーバプランでは、コントロールパネルでできる範囲のサーバの運用管理・保守をします。

サーバアカウント管理代行

ご要望があれば、レンタルサーバまたは VPS・クラウドサーバのアカウント情報を管理いたします。またサーバの契約更新時の手続きの代行も可能です。

ドメイン更新・アカウント管理代行

ご要望があれば、アカウントの管理いたします。またドメインの更新時の手続きの代行も可能です。

プロフェッショナルサービス

WordPress 保守管理サービスは、毎月の継続的な性質を帯びたサービスです。 その他に一時的に発生するスポット的なテクニカルサポートや一回限りの設定作業、サーバー構築、パフォーマンス改善などインフラ改修整備、技術導入支援を行うプロフェッショナルサービスを用意しています。 WordPress リストア (復元) からレンタルサーバや VPS・クラウドサーバの構築、 WordPress のサーバ引っ越し、WordPress のパフォーマンスチューニング、他のコンテンツマネジメントシステムやブログサービスから WordPress にマイグレーションまで、幅広いメニューで WordPress で運営するホームページをサポートします。

プラン

プランは、WordPress サイトを運営しているサーバ環境によって 2つあります。 共用サーバでWordPress サイトを運営している「レンタルサーバプラン」とお客様ご自身でサーバも管理保守している「VPS・クラウドサーバプラン」で WordPress のあらゆる運用に対応しています。

「壊れてもすぐ直す」「壊れる前に手を施す」を重視する保守レベル

保守要件によって2つの保守レベルがあります。

復旧性重視の保守レベル」は、普通のウェブサイトとして運営しているウェブサイト向けで、障害が起きても影響が軽微で、すぐに復旧すればいい。障害発生を前提とし、どこが壊れても回復できるという考えの保守方針で運用を行います。

耐障害性重視の保守レベル」は、不具合に対して影響度が大きく、障害や不具合自体を極力起こしたくない、性能パフォーマンスを維持したい方に。 更新頻度の高くアクセスが多いメディア運営を行っていたり、マルチサイト運営や会員制サイト、キャッシュプラグインなど高機能なプラグインを導入したり、独自開発した機能をWordPressサイトに組み込んで運営している、WordPress運用環境自体に可用性や信頼度が求められるウェブサイト向けです。

2つの保守レベルの大きな違いは、検証環境を整備しているところです。検証環境でWordPress本体やテーマ・プラグインの動作検証を適時行い、WordPressの各機能にまで分け入り、不具合の原因調査を行える保守方針で運用が行えます。

WordPress保守管理サービスの特徴でもある日常のWordPress保守運用の自働化を進めつつ、必要以上の保守レベルを強いた過剰な保守管理の是正から得られる保守コストを適正化し、なお一層 WordPress サイトを安全で安定的に運用できる環境を提供していきたいと考えております。

プラン レンタルサーバプラン VPS・クラウドサーバプラン
保守レベル 復旧性重視 耐障害性重視 ご要望で対応
保守運用管理費 月額料金 4,800円〜
(税込 5,184円)
9,800円〜
(税込 10,584円)
19,800円〜
(税込 21,384円)
初期費用・導入費用 0円 0円 0円
保守管理 WordPress サイト数 1つまで 1つまで 1つまで
同一サーバ上
保守管理サイト追加 (1つ)
4,800円〜
(税込 5,184円)
9,800円〜
(税込 10,584円)
9,800円〜
(税込 10,584円)
WordPress 保守運用管理サービス内容
日常 WordPress 本体アップデート
WordPress テーマ・プラグイン・翻訳アップデート
WordPress データバックアップ
バックアップ容量 180GBまで

バックアップ容量 180GBまで

バックアップ容量 180GBまで
WordPress のセキュリティ監視
WordPress の死活監視
ステータスページ提供

ステータスページ提供

ステータスページ提供
緊急時 緊急復旧・障害時対応 (インシデント対応)
WordPress 不具合の原因調査 ×
検証環境の構築・動作検証 ×
1ヵ年定期点検
作業報告
お問い合わせ対応 チャット・メール チャット・メール チャット・メール
(緊急時のみ電話可)
チャット相談
プロフェッショナルサービス
コントロールパネルでできる範囲

コントロールパネルでできる範囲
監視ツール エージェントレス型 エージェントレス型 エージェントレス型
またはエージェント型
(併用の場合もあり)
サーバーマネージドサービス内容
サーバ運用管理費 月額料金 0円〜 0円〜 0円〜
サーバ運用管理・保守
コントロールパネルでできる範囲
(ご要望があれば)

コントロールパネルでできる範囲
(ご要望があれば)

(ご要望があれば)
サーバアカウント管理代行
(ご要望があれば)

(ご要望があれば)

(ご要望があれば)
ドメイン更新・アカウント管理代行
(ご要望があれば)

(ご要望があれば)

(ご要望があれば)

保守運用管理費にはサーバ・ドメイン費用、サーバ運用管理費用は含まれません。サーバ・ドメイン費用は、お客様がサーバサービスやドメイン取得サービスで直接契約するため、別費用になります。サーバ移転の対応、ドメイン移管の取り次ぎも可能ですのでご相談ください。

ECサイトや決済機能がある、機密性の高い個人情報を取り扱うWordPressサイトには対応しておりません。

初回最低契約期間は 3 ヶ月。以降、1ヶ月毎に更新。年間契約も可能です。

なお、保守管理サービスのプラン範囲外の場合、プロフェッショナルサービス、またはお見積もりをして対応いたします。お客様のご要望に合わせて保守運用・管理の内容をカスタマイズできますので、ご相談ください。

お客様が作成した提案依頼書を受け付けています。提案依頼書を作成のお客様は、ヒアリング時に提案依頼書を確認させていただき、WordPress の保守管理の方針にあったご提案をさせていただきます。

プロフェッショナルサービス

一時的に発生するスポット的なテクニカルサポートや一回限りの設定作業、サーバー構築、パフォーマンス改善などインフラ改修整備、技術導入支援を行うプロフェッショナルサービスを用意しています。 (開発業務や運営業務は業務範囲外になります。)

サービス 説明 料金 (税別) / 回数
WordPress リストア バックアップデータから WordPress サイトを復元します。 (緊急復旧・障害時対応以外の場合) 3万円〜 / 回
WordPress 運用診断 WordPress 運用状況、ユーザ管理方法やパスワード管理、WordPress の設定などをチェックリストで診断し改善提案をします。(1ヵ年定期点検以外の場合) 6万円〜 / 回
独自バックアップ体制の構築 お客様独自のバックアップ体制を Amazon S3 や Dropbox などオンラインストレージ上に構築します。 ご相談
エージェント型監視システム・サービスの導入 サーバのリソース監視・パフォーマンス監視にエージェント型監視システムやサービス導入を支援・運営サポートをおこないます。 ご相談
サーバー保守運用 (メンテナンス)
ウェブサーバ、データベースなどミドルウエアのセキュリティアップデート ミドルウエアのセキュリティを高めてサーバの脆弱性を無効化します。ミドルウェアのマイナーアップデート (セキュリティアップデート) メンテナンスを行います。 3万円〜 / 回
PHPのバージョンマイナーアップデート PHPのバージョンをマイナーアップデートして、安全性、安定性、性能の向上を行います。 3万円〜 / 回
パフォーマンスチューニング
常時SSL化・HTTP/2 の導入 WordPress サイトを常時SSL化にしてセキュリティを強化します。SSLサーバ証明書の発行・自動更新。HTTP/2 を導入して WordPress のパフォーマンスを引き上げます。 6万円〜 / 回
WordPress パフォーマンスチューニング (アプリケーション面) WordPress の設定見直し、キャッシュを導入して WordPress のアプリケーションの側面からパフォーマンスを引き上げます。 8万円〜 / 回
サーバパフォーマンスチューニング ネットワーク、OS、ウェブサーバ、PHP、MySQLデータベースの設定見直しやサーバリソースの最適化、ミドルウエアのメジャーバージョンアップデートをして WordPress のパフォーマンスを引き上げます。 30万円〜 / 回
サーバー負荷状況調査 サーバーの負荷状況やその原因を調査します。 4万円〜 / 回
負荷テスト・性能測定・評価 負荷テストツールを用いて擬似的に大量アクセスを発生させて、サーバのパフォーマンスの性能評価を行います。 サーバ運用方針の検証やサーバースペックの見直し改善を行います。 定期的に性能測定を行い、ボトルネックを特定し、サーバの性能を引き上げるチューニング・設計見直しができます。 5万円〜 / 回
サーバーリプレイス・サーバーの移転・移行 (お引越し)
レンタルサーバの WordPress 移行 (プラン内サーバ移行) レンタルサーバサービスのプラン内で WordPress を移行します。プランのスペックの見直しを行い、そのスペックに合わせた WordPress 環境を整えます。 1万円〜 / 回
レンタルサーバの WordPress 移転 (サービス間サーバ移転) レンタルサーバサービス間で WordPress を移転します。要件定義・サーバ選定支援、サーバ契約手続き代行、アカウント管理、サーバ環境構築、WordPress 移転作業まで。 3万円〜 / 回
レンタルサーバからVPS・クラウドサーバへの WordPress 移転 レンタルサーバからVPS・クラウドサーバへの WordPress を移転します。要件定義・サーバ選定支援、サーバ契約手続き代行、アカウント管理、サーバ環境構築、WordPress 移転作業まで。 20万円〜 / 回
VPS・クラウドサーバのスペック内での WordPress 移行 VPS・クラウドサーバのスペックの見直しを行い、そのスペックに合わせた WordPress 環境を整えます。 10万円〜 / 回
VPS・クラウドサーバの WordPress 移転 (サービス間サーバ移転) 要件定義・サーバ選定支援、サーバ契約手続き代行、アカウント管理、サーバ環境構築、WordPress移転作業まで。 20万円〜 / 回
コンテンツマネジメントシステムのマイグレーション (システム移行)
他のコンテンツマネジメントシステムから WordPress に移行 他のコンテンツマネジメントシステムから WordPress に移行します。要件定義支援、WordPress 環境構築、移行作業まで。 ご相談
ホームページ制作サービスやブログサービスから WordPress に移行 ホームページ制作サービスや無料のブログサービスから WordPress に移行します。要件定義支援、WordPress 環境構築、移行作業まで。 ご相談
サーバ構成変更・大規模WordPressサイト運営
サーバ構成の変更 サーバやPHP実行環境などサーバ構成を見直し ご相談
複数台構成 サーバ構成を複数台構成に見直し ご相談
MySQL データベースの分散・冗長化 ご相談
CDN導入サポート ご相談

よくいただくご質問

契約期間は?

WordPress 保守管理サービスは、最初の初回契約は3ヶ月契約。それ以降、1ヶ月単位の更新制で契約できます。

年間契約も可能です。サーバ運用管理・保守やドメイン・サーバアカウント管理代行での年間契約更新サイクルにあわせていただけます。

契約解除も事前にお伝えの上、いつでも可能です。契約解除料はかかりません。

お支払いは?

最初は3ヶ月分を前払い。以降月末に月払いになります。

サーバ運用管理・保守やドメイン・サーバアカウント管理代行での年間契約更新サイクルにあわせて、WordPress 保守管理サービスも年払いもできます。

支払い方法は、請求書支払い (銀行振込、クレジットカード決済、ペイパル決済)。口座振替 (準備中) が利用できます。

対応地域は?

全国対応ができます。

お客様は全国にいますので、直接訪問して見に行ってのサポートはできませんが。メインのやりとりは、チャットツールなど IT ツールベースなので、地方の会社さまでも距離や時間のハンデを負わずに対応できます。

従来の保守運用サービスとの違いはありますか?

WordPress (ワードプレス) 保守管理サービスは、保守運用の究極の理想である「自律的な環境」を目指しています。

お客様にとって保守運用の理想は、スキルが高い専門のエンジニアを自前で採用して抱え、エンジニア組織として保守運用体制を持つことです。

従来の保守運用サービスが抱えるイメージは、保守運用体制自体の外注になるかと思います。
外部に監視センターを設置したり、常駐できるエンジニアを確保して有人で保守運用体制を持つことです。
つまり、自前で抱えたい同じ保守運用体制をできる限り専任に近い形で、より安い費用で求めていることになります。

WordPress (ワードプレス) 保守管理サービスは、
従来の保守運用サービスのように代わりに保守運用体制を提供するものではありません。
私たちは、WordPress サイトをいかに安全に安定的に運用できる環境を整えて、その状態が損じないように長い間保っていくかに焦点を当てています。
ここが従来の保守運用サービスと違うところです。

保守運用体制自体が欲しいとご要望の方には、ご期待に添えない部分がありますのであらかじめご了承ください。

また保守管理の対象は、サーバーシステムをメインに保守をしているかと思います。
WordPress 保守管理サービスは、ひとつひとつのWordPressサイトであるアプリケーション部分を軸にしてサポートしているところです。WordPressサイト自体の保守運用の部分に特化しています。
その上で必要であれば、サーバーの部分も運用管理・保守を任せていただけます。
サーバーの運用管理をすでに行っている場合では、WordPressサイトのアプリケーション部分だけを任せていただく形でも可能です。

来社して説明して欲しいのですが。訪問いただけますか?

WordPress 保守管理サービスは、営業から契約、保守業務まで完全リモートで提供するサポートサービスになります。

営業の一環として営業パーソンが御社のオフィスに訪問してサービスの説明や商談を行っておりません。基本的にメールやチャットツールを使用して疑問点など質問をお聞きしたり、ヒアリングに対応しております。

サーバはそのままでいいですか。サーバの移行は必要ですか。

基本的に現在契約しているサーバで対応できます。 サーバの移行をしていただく必要はありません。サーバの契約を新たに結ぶ必要がありません。安定した状態のサーバーをそのまま引き続き保守管理いたします。

仮に契約しているサーバのスペック面に支障が出ている。円滑な運営管理ができないなどのなんらかの事情がおありでしたら、受け入れ前にサーバーの改修またはサーバ移行も可能ですので、まずはご相談ください。

サーバやドメインのアカウント管理代行やサーバ運用管理・保守は必要ないのですが。

サーバやドメインのアカウント管理代行とサーバ運用管理・保守は、ご要望があれば、こちらで対応できます。 間に合っている場合、貴社でサーバの運用管理・保守やドメインの管理をしても全然構いません。

月額料金が高くなる場合はどのような場合ですか?

WordPress保守運用部分の基本的なところは、月額料金内でお任せいただけます。 月額料金より高くなる場合は、以下の通りいくつかあります。

サイトの規模が大きい場合や人的サポート対応の頻繁さ、サーバなど保守運用のカバーする範囲が広い場合や運用管理・保守の部分に技術的に高い要求が求められる場合になります。

  • WordPress保守内容に加えてお客様のご要望に合わせて保守運用・管理の内容をカスタマイズした場合
  • システムが古く、運用コストが高いままの状態で人的サポート対応が頻繁に必要な場合
  • アクセスが多い WordPress サイトまたはサイトデータサイズが大容量で大規模WordPressサイトの場合
  • WordPressのカスタマイズ度合いが高い、オリジナルテーマで高機能な機能、高機能なプラグインを導入した複雑な機能実装を安定的に維持する場合
  • 1つのサーバーに、マルチドメインで複数のウェブサイトを保守運用する場合
  • サーバーの保守管理の業務範囲が広く、柔軟な運用をお求めの場合
  • WordPressサイトを複数台構成のサーバーで運用している場合
  • 個人情報等の取扱、情報管理の徹底度、セキュリティレベルなどリスクコントロールに高い要求が求められる場合

バックアップファイルは無料で提供してくれますか?

バックアップファイルは、WordPressの管理画面からダウンロード、またはお問い合わせいただければ、ファイル一式を提供いたします。

チャットツールはどのようなものを使うのですか。

チャットワークを使っています。

初心者や IT に詳しくない方にも使いやすいツールとして選定しました。

基本的な連絡は、チャットで連絡やお打ち合わせを行っています。 電話だとお互いの時間を合わせたり、聞き違いや言った言わなかったなどが発生します。 チャットですと、自分のタイミングに合わせて応えたり、対応内容が履歴として残り、経過の進捗や振り返りもできます。

WordPress 保守管理サービスを辞めた後、グループチャットはどうなりますか

貴社の窓口担当者として責任者にも管理者の権限を付与しています。

グループチャットの運営は、責任者に引き継いでもらいますので、貴社にそのまま活用できます。 WordPress 保守管理サービスを辞めた後もグループチャットの履歴もそのまま活用できます。

提案依頼書 (RFP) は必要ですか?

WordPress (ワードプレス) 保守管理サービスでは、お客様が作成した提案依頼書 (Request For Proposal) を受け付けています。

特に必要ではありませんが、提案依頼書があれば、ヒアリングを通じてご要望の確認や要件を満たしているかどうか、良い提案を引き出すことができます。

お客様のご要望が本サービスの仕様や要件を満たしているか、ヒアリングを通じて確認することができます。また、お客様のご要望に合わせて保守運用・管理の内容をカスタマイズ (仕様変更) ができます。

提案依頼書を作成のお客様は、ヒアリング時に提案依頼書を確認させていただき、WordPress の保守管理の方針にあったご提案をさせていただきます。

保守運用・管理の内容をカスタマイズできますか?

お客様のご要望に合わせて保守運用・管理の内容をカスタマイズ (仕様変更) できます。
WordPressサイトの規模、保守管理の中でどのようなことをやりたいかによって、その分少しご予算を見ていただくこともありますが。まずはご要望をお聞かせください。

ECサイトや決済機能があるウェブサイトには対応していますか?

保守運用管理だけでは不十分な面がありますので、対応しておりません。
クレジットカード情報や決済内容など極めて機密性の高い個人情報を取り扱うウェブサイトには、保守管理体制の他に、厳重な情報管理体制やセキュリティポリシーの策定などセキュリティ体制の整備が必要になります。

ホームページ制作会社ですが、保守管理業務を請け負っていないため、申し込んでも構わないですか?

制作部分に特化しているホームページ制作会社でも WordPress 保守管理サービスのご利用が可能です。スタッフ不足やコスト増を解消することに加えて、WordPress保守運用以外の制作業務やクライアントワークに専念することができます。人材確保が困難な社内の限られたリソースで保守管理体制を構築することが困難な制作会社にとって制作サービスの付加価値に貢献できればと思います。まずはご相談ください。

なぜ最低契約期間 3ヶ月、前払いなのか (導入費用がない理由)

WordPress 保守管理サービスは、年間契約の方もいらっしゃいますが、
基本的に初回最低契約期間 3 ヶ月、前払い制になっています。
3 ヶ月以降は 1ヶ月ごとの更新制。

通常サービスを導入する場合、月額料金の他、
導入するサービスに必要となる初期費用や導入費用が別途発生します。

WordPress 保守管理サービスは、日々の継続的な性質を帯びた業務が大半で
初期費用があまり発生しないところに特徴があります。
また、ある基準で安定している状態そのままで WordPressサイトの保守を受け入れています。
ですので、特別な事情がない限り改修作業や引き継ぎ作業などサービス導入に必要となる費用をいただいておりません。

しかし、保守管理業務を始めるにあたり、
WordPress サイト状態を事前に把握し、設定不備の調整やセキュリティの状態などの保守環境を運用を通じて整える必要があります。
保守業務を通じて全体として整っていく期間が業務開始から2週間から2ヶ月くらいというところから初回最低契約期間 3 ヶ月としています。

お客様には、是非初回3ヶ月間続けてみてください。

WordPress 保守管理の契約締結・業務開始まで流れ

1. お問い合わせ・ご相談

ご興味のおありの方は、まずお問い合わせください。
ご質問・ご相談も受け付けています。気になる点や心配な点がありましたら、一緒に解決させていただきたいと思います。

2. ヒアリング・提案依頼書 (RFP) の確認

ヒアリングと提案依頼書 (RFP) の確認を通じて、ホームページの運営や WordPress の保守管理をどのようにしていきたいのか。ご要望、困っていることを掘り下げてお聞きいたします。WordPress ウェブサイトの運営状況をお聞きして保守管理の方針を立てていきます。

3. 運用環境の改善 (受け入れ条件に満たない場合やサーバー移転をお望みの場合)

ヒアリングで保守運用が受け入れられるかどうか確認をしています。
サーバーのパフォーマンスやリソース不足、またはWordPressサイトが不安定な状態にあるなどなんらかの問題を抱えていて受け入れ条件に満たない場合、まずは保守レベルに達しているかサーバーの事前調査をさせていただき、サーバーリプレイス、改修整備やパフォーマンスチューニングを行う場合があります。(別途費用が必要になる場合があります)
WordPressサイトやサーバーが安定した状態になった上で保守管理いたします。

4. ご提案・お見積もり

ヒアリングでお聞きした内容から WordPress の保守管理の方針にあったご提案、概算見積りをいたします。

5. 保守運用・管理仕様の作成・正式お見積り

よろしければ、保守運用・管理仕様 (最終仕様) を作成して、正式お見積りをいたします。

6. 保守管理契約締結

保守管理サービス業務委託契約書、秘密保持契約書に合意締結をしていただきます。

7. 保守管理サービスの業務開始

3ヶ月分の料金振込みが確認できた時点 (月払いの場合) で、保守業務がスタートします。

8. 保守管理体制の整備

まずは、いままでの状態を把握するため WordPress の保守状況、WordPress の設定など初期調査をして保守管理体制を整えるところから始めます。

9. 日々の保守管理業務の遂行

日々日常の保守管理にあたります。

お問い合わせ

プラン (必須)

ご要望 (必須)

相談・依頼したい内容 (必須)

案件進行状況 (必須)

導入予定時期 (必須)

保守対象のホームページURL (必須)

ホームページの種類 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

会社名


後日改めてご連絡のメールを差し上げます。